司法試験・予備試験応援サイト

《法律学習者を応援するブログ》法学系試験受験生をサポートします。

予備試験の刑法の出題傾向と具体的対策【図表あり】

アガルート30%オフセール開催中

司法試験合格者占有率34.8%を誇るアガルートアカデミーが期間限定で30%オフセールを開催しています。

 

総額100万円を超えるカリキュラムを30%オフで受講できる超得なプランも用意されています。

 

 

www.lawstsp.com

f:id:matome_page:20200506190652p:plain
今回は、司法試験予備試験の刑法の論文対策について解説したいと思います。

 

 

 

刑法の出題傾向

 

過去の出題事項をまとめました。

 

予備試験刑法の出題事項

H30

H29

H28

横領罪

強盗罪

共同者が過剰行為をした場合の共同正犯の成否

離隔犯における実行着手

未遂犯と不能犯との区別

間接正犯の成否

因果関係

放火

抽象的事実の錯誤

中止犯の成否

共犯者への影響

H27

H26

H25

共同正犯

共犯と身分

贈収賄罪

業務上横領

詐欺

強盗殺人未遂

正当防衛

盗品等保管罪

横領罪

詐欺罪の客体

実行行為

既遂時期

共謀共同正犯

H24

H23

 

被害者の承諾

方法の錯誤

共謀の意義

共犯関係からの離脱

傷害罪

因果関係

事実の錯誤

証拠隠滅罪

 

 

総論と各論から満遍なく出題されていることがわかります。総論だけ各論だけの出題はあまりなく、総論と各論のそれぞれから出題されることが多いです。

 

また、比較的マイナーな犯罪、例えば、証拠隠滅罪、贈収賄罪からの出題もあります。

 

論点数が多く、時間的にタイトな出題が平成30年までされいます。

司法試験では平成30年度と平成31年度において、小問を付きで、論述に条件が付される出題がされています。この司法試験における出題形式の変更が、平成31年以降の予備試験にも反映されるかどうかは良く分かりません。

 

受験生としては、多論点型の出題と小問型の出題のいずれにも対応できるように準備しておくべきでしょう。

 

 

 

刑法の具体的対策

 

以下では、司法試験刑法の出題について説明したいと思います。

 

刑法の論点の網羅

 

まず、多論点型の出題の対策として、論点を網羅的に学習する必要があります。刑法では、判例学習よりも論点学習の方が大切だと思います。論証集に掲載されている論点については、全て理解し論証できるように準備するべきです。

 

出題に応じて、論証の長短を調節できるように、長めの論証と短めの論証のいずれも論証できるように準備しておくべきです。

 

論点の網羅的学習が終わったら、判例学習に移行してください。特に、重要論点の判例は押さえるようにしておきましょう。

 

刑法の学説の理解

 

平成30年度以降、司法試験では、学説の理解が問われるようになっています。予備試験でも同様の出題が想定されるので、学説の学習もしておきましょう。

 

特に、重要論点で判例と学説との間に対立があるものを重点的に学習しましょう。

 

また、判例の見解からはどのような結論になるのか、学説の見解を採用するとどのような結論になるのかを、普段から意識しながら学習しましょう。

 

平成31年度の司法試験では、事後強盗に関する判例・学説の立場から、どのような結論になるのかを検討する必要がある出題がされました。

 

網羅的な検討

 

多論点型の出題であろうと、小問型の出題であろうと、結局のところ、罪責の有無が問われているので、犯罪の成立に必要な全ての事項を網羅的に検討する必要があります。

事案分析の段階から、「実行行為」「結果」「因果関係」「故意」「客体」「主体」が、何なのか特定しましょう。このような分析をすることで、論点の抽出を正確に行うことができます。特に、財産犯においては、客体の特定が、成立する犯罪の種類に影響を与えますので、正確にする必要があります。